• ヘアーデザイニング髪質改善エステ

    ヘアーデザイニング髪質改善エステ

  • メニュー

    メニュー

  • サロン・アクセス

    サロン・アクセス

  • ご予約・お問合せ

    ご予約・お問合せ

本物志向の時代4

ではどのようにそのダメージから髪を守ったり、また健康な状態に修復していくのか? まず薬液に関しましては、当然家庭でのカラー、ストレート、パーマ等は絶対にNGですね。 それと美容室でのカラーに関しましては、へナカラーやヘアーマニキュア等はほぼダメージはないでしょう。 でも髪を明るくするためのカラーは、髪のメラミン色素を破壊して明るくするため当然ダメージは避けられません。 かといって、そのままご来店された時よりもさらに髪を痛めた状態で、お帰りいただく事はNGです。 そこでエルブランシュでは、カラーの工程で破壊されて流出した髪の栄養分を補うために必ずトリートメントを工程ごとに3かい行います。 だから、ご来店時よりも美しい髪の状態でお帰りいただいております。 あとパーマに関しましては、ほとんどの薬液がアルカリ系のものが多く、このアルカリ剤が髪の表面にあるうろこ状のキューティクルをこじ開けて、髪の内部にパーマ剤を進入させるのです。 そして進入したパーマ剤が内部の結合を切り、その前後にロッドを巻く作業を行います。 そしてまた一度切った結合を、ロッドが巻かれた状態で再びつないでいく作業に入るのです。 だいたい簡単にパーマの工程を述べましたが、このキュ―ティクルをこじ開けたり、髪の内部で結合を切ったりつないだりする時に、ダメージが生じるのです。 エルブランシュでは、使用するほとんどのパーマ剤が浸透性の良い弱酸性のものを使っておりますので、まずキューティクルを閉じている状態でも薬液が進入可能なものなのでダメージは最小限おさえる事が出来ております。 さらに、結合の切り離しで一番大事なのは、結合を切り離す薬液を出来るだけ短い時間内で取り除くことと、そして元の髪の状態に完全に戻し、安定させる事です。 エルブラシュでは、薬液を出来るだけマイルドなものを使用したり、薬液タイムを出来るだけ短くしクリープタイムを長くとる事によって、髪への負担を少なくし持ちのいいパーマを提供しております。 また元の安定した状態に戻すために、たっぷり時間をかけて髪の内部の結合をつなぎ、さらにパーマの工程で不足した栄養分を補うトリートメントを工程ごと必ず3回行っています。 つづく

→ブログ一覧




店内写真

elle blanche エルブランシュ

〒581-0014 大阪府八尾市中田2-38-6

受付時間
9:00~16:30(パーマ) 9:00~18:00(カット)
金曜日/9:00~16:30(パーマ) 9:00~18:00(カット)
定休日
月曜日、第1第3火曜日
電話番号
072-999-8417

tel:0120-09-8417

ページの先頭へ

COPYRIGHT©elle blanche ALL RIGHTS RESERVED.